ごあいさつ

スマートフォンやインターネットに代表されるテクノロジーの発展は確実に生活を便利にしてくれていますが、このこととこころの幸せとは全く無関係のようです。むしろ、急速な生活の変化に人の脳とこころは適応できず、悲鳴を上げている状況にも思えます。当たり前のことですが、一生物種としてのヒトの脳の能力はテクノロジーのような猛烈なスピードで進化できるわけではないのです。

人口減少社会がいよいよ現実の問題となり、社会構造も急激に変化しています。この結果、中年や熟年以上の世代は老後の生活の不安が拭えず、若年者は人生の基礎となるべき安定した職業生活が強く脅かされています。昨日よりいい明日や未来への希望はイメージすることが難しくなり、このことが我々からじわじわと幸せやこころのバランスを奪っていくように思われます。加えて、隣国との長引く政治的緊張も、不気味な不安の要因になっているかもしれません。

上記のようなことを背景に、うつ病やパニック障害などの不調を発症する方が増えています。我が国の自殺者数は年間2万人を越えており、その多くは治療を受けていないうつ病が原因と考えられています。

どうかこころと脳の領域の医学について忌避しないでいただきたい、と思います。現代人の苦悩に対して万能なわけではもちろんありませんが、いくらかのお役に立てることは明白なのですから。

こんな症状でお悩みの方

次のような症状は現代医療が比較的に得意とするものです。
いずれもお薬で改善が得られやすい症状です。

次のような症状は、統合失調症や躁うつ病などでみられる症状です。
これらの症状を伴う病は多くの場合、患者本人に自身が病気であるという自覚が十分に持てません。そのため、適切な治療を受けるためには、家族や親友など身近な方の協力が必要です。放置していると病状は進行し、進行すると治癒が難しくなるため、治療は急を要します。ご本人の受診が難しい場合、ご家族だけでもまずは当院にご相談にお越しください。

はじめてお越しの方へ